message

「心の寛容度」を高めるために

大学時代にスタートしたライター&編集者としてのキャリアが、ふと気がつけば、四半世紀を超えていました。

振り返ると、女性のライフスタイル全般にまつわる取材や
俳優やクリエイター、起業家 etc. のインタビューを通して、
何千人(何万人?)もの初対面の方々の「話を聴く」「話を引き出す」ことをずっとしてきたのだなあ、と、思います。

一方、カラーセラピストとしてのキャリアは
ようやく干支が一周したくらいですが、
やはり、クライアントのみなさんの「話を聴く」ことを大切にしています。
そこには、これまでに培ってきたインタビュアーとしてのスキルが
生きているような気もしています。

でも。
個人史をさらに遡ると、実はわたし、
子どもの頃は人見知りで、自分が言いたいことを言えないタイプでした。

もっと言えば、人が怖くて、苦手でした。

そう告白すると、十中八九「え!」「まさか!」と驚かれます。笑
そりゃ、そうですよね。

人見知りだったはずのわたしが今のように変化した背景には
2つのことがあると思っています。

ひとつは、話すのが苦手なかわりに「聴く力」を伸ばしてきたこと。

今でこそ、コミュニケーションにおける「聴く力」の重要性がいわれていますが、
わたしの場合はただ単に、人の話を聴くのが好きだったのと、
「よーく聴いてみないと相手のことはわからない」という
ビビリ^^;もあったのかもしれません。
が、おかげさまで、「聴く力」を評価していただけることが
仕事、プライベート問わず、非常に多いのは事実です。

もうひとつは、オーラソーマとの出会い。

コンサルテーションや、トレーニングコースでの学び、
ボトルをはじめとするプロダクトを使ってのワークなどのおかげで
以前と比べると、ずいぶんとオープンな人間になったものです。笑
(それまでは、ハグとかできない人でした。。。とほほ。笑)

まぁ、大前提として、
楽観的な性質だったこともあるのだとは思いますが。

「人が苦手」「人が怖い」というある種のコンプレックスを
聴く力、そして、色彩のサポートによって克服してきたわたしが、
今度はその2つの要素を用いて、少しでも
ほかの誰かの役に立つことができるとしたら。

なんとなくですが、
いい循環が連鎖していくのではないかなと思っています。

繰り返しになりますが、
当サロンのセッションでは、対話を大切にしています。

セッションの際に、クライアントのみなさんにおすすめしているのは、
今、考えていること、感じていることを、
思い浮かぶがままに自由に話してみること。

すると、頭の中がおのずと整理され、
自分自身を、よりクリアに見ることができるようになります。
感情の流れや、考え方のクセなども、冷静に観察できるようになるでしょうし、
今の状況に対する新たな気づきも得られることでしょう。

人間は、多面的な生き物です。
しかも、刻一刻と変化していく存在ですよね。

オーラソーマ、占星術、数秘術といった楽しいツールを用いて
いろんな角度から自己を見つめ、
自らの多様性を受け容れていくことで、
自分と他人に対する「心の寛容度」がどんどんアップしていきます。

これ、現代の日本人にとって、すごく大切なことだと思うのです。

自己発見の旅はこれからも続きます。
だから、あんまり難しく考えず、
今この瞬間から、肩の力をひょいっと抜いて、心を軽やかに。
のびのび、ハッピーでいきましょう!

わたしたち一人ひとりの旅が、光にあふれ、
喜びに満ちたものであることを願いつつ。

drop’dee 代表
志村香織